© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20164/14

屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募集中

 昨年5月から芦辺・つばさで入場無料の「しまの映画館」を毎月運営している壱岐地区青年農業者連絡協議会(壱岐4Hクラブ、36人=中尾拓也会長)は、屋外映画館「ムーンライトシネマ」開館を目指して、クラウド・ファンディング(インターネットで賛同者を集める資金調達方法)を行っている。
 支援の資金で購入を予定しているのは、屋外映画館用の幅8㍍、高さ6㍍の大型スクリーン。募集期間は4月15日まで、目標金額(ファンディング成立金額)は120万円に設定。支援者には金額に応じて、上映会での紹介動画に名前掲載、PR動画放映、壱岐産野菜・農産加工品セットやオリジナルTシャツのプレゼントなどのリターンを用意している。
 中尾会長は「映画館がないこの島に屋外映画館を開館することで、新たな市民のコミュニケーションの場が作れる。夜に屋外で音を出せる環境は田舎の利点で、自然や澄んだ空気、星空を感じながらの映画鑑賞は、観光客にもアピールできる」とその意義を訴えた。遊び場が少ないことで島を離れる若者も多いだけに、無料屋外映画館設置は、農業後継者育成にもつながる。
 現在の「しまの映画館」で無料提供しているポップコーンやチヂミ風こうさ焼きは、4Hクラブ会員が収穫したトウモロコシや米粉を使用している。「農業と映画、関係ないように見えて、いろいろな結び付きがある。何よりも、若い農業者が島の活性化に立ち上がらないといけない。その輪を広げるためにも、絶対に屋外映画館を実現したい」と中尾会長は支援を熱望している。
https://readyfor.jp/projects/shimanoeigakan/announcements




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る