地域情報

「壱岐をツルの越冬地に」 日本生態系協会が人工ねぐら計画 出水市のツル 分散化が必要

壱岐市をツルの越冬地にしようという計画が進められている。9月26日に一支国博物館で開かれた特別講座「自然資本(野生動物)を生かした地域づくり」で講演した財団法人日本生態系協会の関健志専務理事が明らかにした。冬場に使われていない田圃に水を張った湛水(たんすい)水田の人工ねぐらを作り、ツルのデコイ(模型)を置いて、南下するツルを呼び込む計画。自動撮影カメラを設置してその効果のモニタリングを実施するとともに、新たな越冬地形成を目指す。すでに市内2か所で説明会を実施しており、田圃の提供者とその周辺の営農者らの理解が得られれば、10月から来年2月にかけて、実証実験を実施する予定となっている。

関連記事

  1. 長崎版画を体験 歴文移動博物館
  2. 電子マネーカード販売店と協定 壱岐署がニセ電話詐欺対策
  3. 1500の願い奉納。八坂神社にキャンドル。
  4. 壱岐の「 光 」を体験。フランス人アーティスト。
  5. 移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。
  6. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  7. オリーブたわわに実る。収穫体験楽しむ。
  8. 壱岐市マグロ資源を考える会 意見広告

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP