地域情報

「壱岐をツルの越冬地に」 日本生態系協会が人工ねぐら計画 出水市のツル 分散化が必要

壱岐市をツルの越冬地にしようという計画が進められている。9月26日に一支国博物館で開かれた特別講座「自然資本(野生動物)を生かした地域づくり」で講演した財団法人日本生態系協会の関健志専務理事が明らかにした。冬場に使われていない田圃に水を張った湛水(たんすい)水田の人工ねぐらを作り、ツルのデコイ(模型)を置いて、南下するツルを呼び込む計画。自動撮影カメラを設置してその効果のモニタリングを実施するとともに、新たな越冬地形成を目指す。すでに市内2か所で説明会を実施しており、田圃の提供者とその周辺の営農者らの理解が得られれば、10月から来年2月にかけて、実証実験を実施する予定となっている。

関連記事

  1. 石路遺跡の牛骨は9~10世紀。年代測定で想定200年遡る。島内最…
  2. 新年度予算236億4千万円。ほぼ本年度当初並み規模。SDGs関連…
  3. 国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教…
  4. 郷ノ浦図書館の移転計画、旧公立病院跡地に図書館建設へ。
  5. 一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。
  6. 住民説明会26日から実施 市庁舎建設で意見聴取 菊森会長出席
  7. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  8. 専門学校で開校式。留学生も入学予定。

おすすめ記事

  1. 「言論の自由」が暴走してはならない
  2. 2議案を可決 市議会予算特別委
  3. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

歴史・自然

PAGE TOP