友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20161/26

申込額1億円を突破 27年度ふるさと納税

平成27年度の本市へのふるさと納税が、市が目標に設定していた申込額1億円を突破したことが18日、明らかになった。
昨年12月28日時点での申込額は9288万7千円だったが、28年確定申告での還付対象期限となる12月末に駆け込みの申し込みが殺到し、この時点で1億円を突破。1月15日時点での申し込みは5740件1億179万9476円(寄附済み額は9953万4476円)に達した。
本市へのふるさと納税は初年度の20年度は20件約1174万円だったが、24年度は108件181万円まで減少していた。だが26年度にカタログ方式によるお礼の品返送の導入により2097件約3173万円に増加。7年間のトータルで2571件約5737万円となった。
27年度は9月からクレジットカード、コンビニ、Pay‐easy決済の導入、お礼の品カタログ商品総数を132品に増加、ポイント表の区分の細分化などサービスを見直し、また税制改正により控除額が2倍になるなどしたため、さらに寄附額が急増した。
7日からは3月末までの期間限定で寄附額200万円以上の場合、出張解体ショー付きの天然マグロ1本(1本限定=勝本町漁協提供)などの特典を用意しており、年度内にさらに寄附額増額を目指している。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る