地域情報

コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置

新型コロナウイルスの感染を調べることができる検査キットの自動販売機が、郷ノ浦町の飲食店「洋食とコーヒーの店トロル」近くの路地に設置され、8月23日から販売を始めた。自販機の設置は本県では大村市、佐世保市に続いて3台目で、離島では初。

自販機ではPCR検査キット(税込4千円)と抗原検査キット(同3千円)の2種類を買うことができる。大村市では設置後の反響が大きく、職場単位などで20~30個まとめて買う人もあり、8月中に抗体検査キットが1500個、PCR検査キットが3百個売れたという。

PCR検査キットは唾液を採取し、指定された方法で検査センターへ郵便以外の方法で発送。24時間以内を目安にメールやショートメッセージで結果が通知される。抗原検査キットは鼻もしくは口から検体を採取し、検査キットで調べる。15~20分で結果が判明する。いずれも微熱や体の違和感などで病院を受診するかの判断材料として活用できる。

設置した同店代表取締役の中山貴史さん(46)は「イベントを開催する時に陰性の安心を持って、感染予防をしながらできたらいいなと思いました」と話した。

キットを販売する株式会社ツルハラ大牟田営業所の竹森駿平さん(31)は「学校や仕事に行っても大丈夫かな、と思う人も多い。24時間買うことができ、『安心』を買っていただく意味でも役立ててもらえれば」と話した。

関連記事

  1. 任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん
  2. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  3. 国内初の気候非常事態宣言。地球温暖化防止に先陣切る。
  4. 本市初の避難勧告発令 芦辺小など土砂崩れ11か所
  5. 29日まで1日1往復。ORC壱岐~長崎路線。
  6. 瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。
  7. スタントマンが自転車事故疑似体験披露
  8. 百歳迎え元気いっぱい。大島ミヨ子さんら12人に祝状。

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP