© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

お宝は壱岐の「色」 漫画家・栗元健太郎さん

お宝・栗元(壱岐のお宝について語る栗元さん)

本紙で創刊以来、4コマ漫画「壱岐名物くん」を、壱岐くるマガジンでも4コマ漫画「ほっとひと壱岐」を連載しているのが、本市出身の漫画家・栗元健太郎さん(35)。2010年7月から週刊少年チャンピオンで「出陣!!ムショ高排球軍」を連載、12年5月からは月刊コミックガナルで「SKY CAROL」、昨年からはマンガボックスアプリで「特区八犬伝code:T‐8」を連載するなど、紙媒体に加えてウェブにも活躍の場を大きく広げている。マンガボックスアプリは無料で、年末には100万ダウンロードを達成している。
栗元さんは、東京から5年ぶりに帰省した壱岐の印象について「都会と田舎とのバランスがよく取れた場所になってきた、と思います。田舎ながらののどかさはあるけれど、コンビニもできたし、ネット環境も素晴らしい。“島は好きだけど、不便だったり不潔なのは嫌”という女性にも安心して薦められる観光スポットではないでしょうか」と故郷を振り返った。
「ただ、本物がたくさんあって、もっと評価されていいはずなのに、まだまだ知られていないことが多いとは感じます。アスパラの日本一達成も、今回帰省するまで私も知りませんでした。もっと柔らかなキャッチフレーズや宣伝方法があっても良いのでは。くまモンも最初は熊本県の認知度の低さに苦労していましたが、“スザンヌと一緒だよ”とPRして人気爆発のきっかけになりました」と指摘する。
栗元さんが感じる壱岐の「お宝」は「すごく濃い、夏の緑色、空の青さ、ヒマワリ畑の黄色のコントラストでしょうか。地元出身の私にとっては、最初は当たり前と思っていた光景でしたが、夏に妻と一緒に帰省した時に、彼女がその色合い、海の透明さにビックリしていました。いまでも空や海の作画をする際に、壱岐の“色”を思い浮かべています」。
今回、一緒に帰省した長男・將太郎さん(7)にとっても、壱岐の「色」は忘れられない思い出になることだろう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る