地域情報

「ふるさと割」県農畜産品ネット注文で3割引 JAなど市内5業者が参加 

県は7月27日から、県内の農業団体や認定農業者などがインターネットで販売する商品を、30%引きで購入できるキャンペーン「ふるさと割」をスタートした。旅行クーポンの「ふるさと割」に続く地域創生策の一環で、、国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」約4億円を活用。期間は来年1月31日まで(商品がなくなり次第、または予算の上限到達次第終了)。県が物産振興のため代金を割り引くキャンペーンを実施するのは初めて。県内50事業者、壱岐市からは5事業者が参加を予定しており、すでにJA壱岐市、壱岐ゆず生産組合、梅嶋畜産が同割引での商品提供を行っている。
同キャンペーンに壱岐市から参加しているのはJA壱岐市(対象商品は旬の野菜セット、つや姫10㌔)、梅嶋畜産(壱岐牛サーロイン、リブロース、シンタマ、バラ、特用)、壱岐の潮風(ミディトマト1、2、3㌔)、壱岐ゆず生産組合(柚子加工品セット、ゆず茶、ゆずこしょう、ゆずの香、ゆべし)、壱岐の島・自然農の会(島おやつお得セット、島かりんとうセット、食べる椿油、日本ミツバチ生蜂蜜、壱岐早生にんにく)。
楽天市場の「まるごと壱岐物産展」サイトでは4日現在、「ふるさと割」対象商品としてJA壱岐市の「つや姫10㌔3684円」「おまかせ新鮮野菜セット13品+たまご1パック2875円」、壱岐ゆず生産組合の「ゆずこしょう3種・1個506円」(いずれもクーポン適用後の税・送料込みの価格)が、長崎県商工会連合会のショッピングサイト「長崎うまかもんカタログ」には梅嶋畜産から「壱岐牛サーロインブロック1本(11~16㌔)8316円」「壱岐牛リブロースブロック(7~9㌔)6804円」が掲載されている(いずれも税・送料込み)。
制度がスタートして間がないこともあり、予定の開始時期に間に合っていなかったり、商品が掲載されているサイトによって「ふるさと割」適用手順や表記に違いがあるなど不備な面も目立ち、利用者も最初は戸惑うことがありそうだが、割引されている商品には【ふるさと割対象商品】【ふるさと割特別商品】と明記されている。「長崎県農畜産品愛用キャンペーン」のホームページから「ネット割引キャンペーン」→「インターネット販売サイト一覧」→「各サイトのリンク」をたどっていくと比較的判りやすい。
お中元時期はぎりぎりだが、本州などの知いに壱岐産品を送る際などに活用でき、壱岐の物産を全国にPRする役割を果たしてくれそうだ。
また9月28日からは県内の農畜産品飲食・販売店舗を対象にして同様に3割引となる「飲食・販売店割引キャンペーン」もスタートする。10日までキャンペーン参加店舗の募集を行っており、壱岐からも一定数の店舗が参加を予定している。こちらは島民自身の利用や、観光客へのPRに活用できる。
一方、県産魚を提供する「長崎県の魚愛用店」(4日現在126店、うち壱岐地区15店)は9月10日から来年1月末まで、3千円の注文ごとに3割相当の9百円を割り引く「お得にディナー券」を発行し、長崎の魚の消費喚起を図る。事前に登録された県産魚料理1メニューが対象となる。魚愛用店のうちキャンペーンに参加する店は近く発表される。

 

関連記事

  1. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  2. 議決を忘れ陳謝 高規格救急車購入
  3. 子どもの数 過去最少3193人。
  4. 壱岐焼酎飲み比べも。森の図書室壱岐島店オープン。
  5. 米軍ヘリが緊急着陸。故障で壱岐空港に。
  6. 郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会
  7. イスズミ料理の誕生秘話。対馬・犬束さんが講演。
  8. ウクライナ避難者受け入れ支援表明 小野ヤーナさんらが市に協力要請…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP