© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201511/27

高齢者の犯罪「みたんない」 防止標語4点を表彰

壱岐署(中嶋欽也署長)は16日、市内の中高生から募集した高齢者の犯罪防止標語の入賞者4人を表彰した。
同署によると、市内の犯罪認知件数は昨年より減少しているものの、特殊詐欺事件や万引きなど、高齢者が被害者、加害者になる割合は高まっている。年に4回開催されている警察署審議会では高齢者の犯罪防止に関して「被害、加害とも、子どもたちからの声掛けがもっとも効果が大きい」との意見が出されたため、今回初めて標語の募集を行い、1405点の応募があった。
被害防止部門で署長賞を受賞した草合研作さん(志原小5年)は「振り込め詐欺のことは学校で教わった。祖父母に気をつけてもらいたいと思い、標語を考えた」、加害者部門署長賞の吉川亜佑さん(壱岐高1年)は「お年寄りの万引きなどが増えているのを聞いて悲しくなった。止めて欲しいので、壱州弁の標語で語り掛けた」と作品について話した。
入賞作と佳作2点を加えた計6点は今後、市内のスーパーマーケット、病院、薬局などで掲示する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20205/25

プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。

壱岐市の緊急経済対策第1、2弾が着々と進行している。 5千円で8千円分の飲食に利用できるプレミアム商品券第1回は、7日から5千セット(総額…

20205/25

県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。

県中学校体育連盟は18日、7月26~28日に予定していた県中学総合体育大会を中止することを決定した。 大会には例年、県内各地から3千人…

20205/25

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。 長崎地方気象台によると今年のホタル初見は…

20205/18

小・中学校が7日再開。田河小で1年生歓迎集会。4月21日以来の登校。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策のため臨時休校していた市内の小・中学校が、7日から再開した。当初は4月6~15日の臨時休校だったが、16日…

ページ上部へ戻る