友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20141/17

厳冬の筒城浜をランニング 空手道合同寒稽古

寒稽古(筒城浜を走る団員)

剛柔流空手道修練会主催の空手道寒稽古が13日、筒城浜、筒城ふれあいセンター体育館で行われ、各町の空手道スポーツ少年団や壱岐高校空手道部の児童・生徒約70人が参加。気合の入った稽古で寒さを吹き飛ばした。
30年以上続けられている恒例行事で、参加者は道着のまま寒風吹きすさぶ筒城浜の砂浜でランニングと基本稽古を行い、新年の稽古始めに気合を入れた。体育館では全員が一斉に形の稽古を行い、気持ちの良い汗を流した。修練会の久保田恒憲館長は「寒い時だからこそ子どもたちの精神力を養うことができる。気合を入れて1年をスタートすることで、今後の稽古だけでなく、1年間の生活に役立つことになる」と寒稽古の意義を語った。
稽古後は昨年の各少年団の年間努力賞と、全体から1人を選ぶ文武両道賞の表彰が行われた。文武両道賞は、修練会スポーツ少年団の稽古にほぼ休みなく出席する一方、JA長崎主催の「ごはん、お米とわたし作文図画コンクール」の図画部門でも入選を果たした久田葵さん(志原小2年)が受賞した。久田さんは「空手は横蹴りが得意で、稽古もすごく楽しい。コンクールは祖父が乗っているトラクターの絵を描きました。絵を描くのも大好きです」と受賞を喜んだ。
もっとも休まずに稽古を続けた団員に贈られる年間努力賞は、勝本・坂本蒼羽さん(勝本小3年)、石田・西本悠哉さん(石田小3年)、芦辺・植村ひなたさん(那賀小3年)、郷ノ浦は小﨑加菜さん(盈科小2年)が2年連続で受賞した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20212/22

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。 同復元公園は…

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。この…

20212/22

市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同月比売上 20%減など条件。

市は10日、市議会定例会2月会議(17日)に上程する議案を発表した。一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス感染症第3波に対応する市緊急経済…

20212/15

コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。

郷ノ浦町の美容室K`sの松嶋勝弘さん(55)は、店内にコケ類を植えた水槽を飾り、来店客を楽しませている。 新型コロナの感染拡大が始まっ…

ページ上部へ戻る