© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20159/11

キューバの島から壱岐の島へ 笹原直記副市長インタビュー

1日付で副市長に就任した笹原直記さん(39)に、地方創生人材支援制度に応募した経緯、壱岐市地方創生へ賭ける意気込みなどを聞いた。
――全国69自治体からの申し込みがあった中、壱岐市を選んだ理由は。
笹原 自分からの希望は一切、出さなかった。選定されたところへ行くことを決めていた。長崎に旅行をしたことはあったが、壱岐は赴任が決まってから初めて訪れたので、イメージできる部分もなかった。だがキューバの島から壱岐の島へ来たことには、不思議な縁を感じている。
――外務省職員でありながら、まったく異質と思える地方創生に興味を抱いた理由は。
笹原 まずは国家公務員として、総理が掲げている地方創生に取り組むことが重要だと考えた。
カナダのカルガリーにいた時に東日本大震災が発生し、カナダでその現状報告などの広報活動を行った。だが日本に戻ってボランティアで現地へ行き、ビニールハウスの補修や畑に散乱したガラスの除去などを行ったが、自分が現地に足を運んで得た情報と、そうではないカナダで受け取っていた情報には大きな差があった。自分の目で見る大切さを痛感した。日本の地方に住んだことがない人間が、海外で日本の情報発信を行っていることは無責任だと感じた。
また、地方に魅力を感じたという個人的な理由もあった。
――壱岐の創生策として具体的に考えていることは。
笹原 外務省での経験を活かし、壱岐焼酎や壱岐牛の海外への販売を行っていきたい。またキューバでの同僚など、最低百人は壱岐に呼び込みたい。
まだ壱岐に来て数日だが、それでも焼酎、食事、歴史、文化、自然など多くの壱岐の魅力に触れることができた。月讀神社はパワースポットとして多くの観光客で賑わっていた。魅力の潜在性とその将来性は確かなものがあると思っており、その素材を十分に活用していきたい。
市役所の職員は壱岐出身者がほとんどだが、私のように外国から日本を見ていた経験を、職員とうまく融合させていければ、新しい創生策が浮かんでくると思う。
――壱岐には家族5人での移住だが、今回の応募にご家族の反応は。
笹原 結婚後のカルガリー、キューバはともに家族で赴任してきた。今回は北は北海道のニセコから、南は沖縄の石垣島まで、マッチング次第でどこに住むのか判らない状況だったため、赴任先が決まってから家族で決めた。妻はインターネットでいろいろと調べて「私たちも行く」と言ってくれた。
まだ壱岐に住んで間もないが、3人の子どもたちは伸び伸びと暮らしている。自然がたくさんあり、わくわくしているようだ。キューバに比べれば生活に必要なものがすべて揃っているのだから、妻も何の不安もなく、これからの生活を楽しみにしているようだ。
家族を中心に、人に支えられていることに感謝の気持ちを忘れずに、だが人生は1回きりなのでやりたいことはやっていこうと思っている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/15

561人が壱岐路を疾走。第30回サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第30回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第18回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が1…

20186/15

都会での経験は若者に有意義。

市、壱岐振興局、ハローワーク壱岐が市商工会に対して、高卒求人確保の協力依頼を行った。昨年に続いての要請で、地域活性化のためには1人でも多くの…

20186/15

対立候補支援業者の指名外しで、白川市長、中原副市長不起訴。長崎地検処分発表。

平成28年4月の壱岐市長選で当選した白川博一市長の対立候補を支援したことで、選挙後に市発注公共工事の指名競争入札から除外されたとして、市内の…

20186/8

KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。

通信大手のKDDI株式会社は、壱岐市、市商工会、離島経済新聞社とともに5月23日から壱岐市で、離島事業者を対象とした「しまものラボ」を開始し…

20186/8

家庭生活は男女平等ですか?

23日から29日まで「男女共同参画週間」が実施される。 長崎県は2016年3月に第3次基本計画を策定し、女性が力を十分に発揮できる社会…

ページ上部へ戻る