© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

感染症警報を継続 ヘルパンギーナ

壱岐保健所は16日、6~12日の感染症速報を発表した。前週に感染報告22人(定点あたり11・0)で警報レベル(6・0)を大きく超えたヘルパンギーナ(小児のウイルス咽頭炎)は、新たな発症数は5人(定点あたり2・5)で、減少は見られたものの警報終息基準値(2・0)を超えており、引き続き警報が続いている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201712/8

「知ることが自分の心の成長」読書感想文最優秀の寺井さん。

県内の小学生を対象にした第46回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の高学年の部で、寺井さくらさん(石田6年)が2年連続…

201712/8

盈科Aが3年ぶり8度目V。第19回小学生駅伝大会

第19回壱岐ロータリークラブ小学生駅伝大会(6区間6・4㌔=1・6区1・2㌔、2~5区1・0㌔)が3日、筒城浜ジョギングコースで開かれ、市内…

201712/8

4市場ぶりに価格上昇。子牛市平均84万2千円。壱岐家畜市場

JA壱岐市の定例12月子牛市が1、2日の2日間、芦辺町の家畜市場で開かれ、平均価格は84万1952円で、前回の10月市場と比較して108・9…

201712/1

遼東系銅釧(腕輪)、原の辻で国内初出土。

原の辻遺跡の平成19年度市教育委員会発掘調査で見つかった青銅製品が、紀元1世紀ごろの遼東系銅釧(腕輪)であることが判明した。県埋蔵文化財セン…

201712/1

地域一丸となった観光客対策を。

先日、フェリーで博多港に着き、バスで博多駅に向かおうとした。フェリーから早い順番で降りると、ちょうど停留所にバスがいたので乗り込むと、すぐに…

ページ上部へ戻る