地域情報

筒城浜で海開き神事。水質は最高の「AA」。

海水浴シーズンを前に市商工会や市などは11日、筒城浜ふれあい広場レストハウスで海開きの神事を行い、無事故と観光振興を祈念した。

神事には行政、観光、海上保安署など関係機関から約20人が参加。吉田寛商工会長は「事故防止、事故対応に尽力いただきたい」などとあいさつした。

市は例年通り筒城浜をはじめ、大浜、ツインズビーチなど10か所で海水浴場を開設。期間は7月18日から8月末まで。また、今年は新型コロナウイルス感染予防のため、海水浴場用の市独自の感染予防マニュアルを作成する予定という。

県が5月中旬までに実施した海水浴場の水質調査では、本市の調査地点の筒城浜、大浜、錦浜、辰ノ島は、ふん便性大腸菌群が不検出、油膜がないなどの基準で、いずれも最高の「AA」だった。

関連記事

  1. 低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。
  2. 「うに屋のあまごころ」オープン
  3. 改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。
  4. 屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募…
  5. 壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。
  6. 小中学校の給食費無料化策を明言 白川市長が子育て改革案
  7. パラ五輪聖火の本市採火式 弥生時代のマイギリで火おこし
  8. 移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP