地域情報

筒城浜で海開き神事。水質は最高の「AA」。

海水浴シーズンを前に市商工会や市などは11日、筒城浜ふれあい広場レストハウスで海開きの神事を行い、無事故と観光振興を祈念した。

神事には行政、観光、海上保安署など関係機関から約20人が参加。吉田寛商工会長は「事故防止、事故対応に尽力いただきたい」などとあいさつした。

市は例年通り筒城浜をはじめ、大浜、ツインズビーチなど10か所で海水浴場を開設。期間は7月18日から8月末まで。また、今年は新型コロナウイルス感染予防のため、海水浴場用の市独自の感染予防マニュアルを作成する予定という。

県が5月中旬までに実施した海水浴場の水質調査では、本市の調査地点の筒城浜、大浜、錦浜、辰ノ島は、ふん便性大腸菌群が不検出、油膜がないなどの基準で、いずれも最高の「AA」だった。

関連記事

  1. 子牛平均価格77万円台に回復。前回から10万円弱の高騰。
  2. フェリー、JFを減便。経営ひっ迫の九州郵船。
  3. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  4. そのぎ茶を堪能。春満載ランチ開催。
  5. 2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 
  6. 芦辺RCと壱岐高校に寄付 ボートレーサー下條さん
  7. 「責任は知事と我々政治家に」山本県議が国境離島新法で追及。県議会…
  8. 石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西…

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP