© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20157/17

8年ぶり壱岐で開催 玄海酒造ゴルフ大会

第18回「むぎ焼酎壱岐の会ゴルフコンペ」(玄海酒造主催)が7日、壱岐カントリー倶楽部で島外からの60人を含む80人が参加して開かれた。関東から酒類販売業者や東京壱岐雪州会、長崎県人クラブ関係者を始め、東海、関西、福岡など全国各地の壱岐出身者らゴルフ愛好家が集った。

コンペは毎年、七夕の時期に開催されており、壱岐での開催は平成19年以来8年ぶり3回目。80人の参加は壱岐でのコンペで過去最多人数となった。近年は主に千葉カントリークラブ(千葉県野田市)で開催しているが、今回は壱岐市の活性化に少しでも役立とうと、壱岐での開催に踏み切った。
6日夜にホテルステラコート太安閣で「前夜祭」が開かれ、約110人が参加。壱岐神楽の奉納や鏡開きが行われ、ゴルフ談議などで親交を深めた。山内賢明玄海酒造会長は「壱岐のゴルフコースは戦略性に富んでおり、ここでのスコアはその人の実力を示す」と同クラブ理事長としてのコース解説した。
プレー当日は梅雨前線と相次ぐ台風の接近も影響して、これまで好天気に恵まれていたこの大会としては珍しく大雨に見舞われ「雨中の決戦」。人数が多いためショートホールを除く各ホールからスタートするショットガン方式でプレーが行われた。
雨中での厳しいコンディションに多くの人が悪戦苦闘。しかしグロス76で回る実力者もいて、ベスグロ争いは高いレベルで展開された。競技後の表彰式では参加者全員に玄海酒造の焼酎と焼酎スイーツなどが配られ、初めての来島者も壱岐での休日を満喫した。
優勝は服部良一さん、2位大久保隆さん、3位岩永隆さんだった。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

20199/13

わたらキラキラズが初優勝。一支國幼児相撲大会

第22回一支國幼児相撲大会(同実行委員会主催)が7日、壱岐島総合開発センター全天候型多目的施設で開催され、9幼稚園・8保育所・1こども園から…

20198/30

壱岐高校生徒が成果発表。SDGs地域連携フォーラム

国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進に九州地区で取り組み、国の「SDGs未来都市」に選定されている本市、福岡県北九州市、熊本県小…

20198/30

ネット再構築は大丈夫か。

市ケーブルテレビの指定管理者引継問題は、まさに泥沼の様相を呈している。 市は市議会8月定例会にケーブル施設再構築事業として6億6千万円…

ページ上部へ戻る