© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20157/17

8年ぶり壱岐で開催 玄海酒造ゴルフ大会

第18回「むぎ焼酎壱岐の会ゴルフコンペ」(玄海酒造主催)が7日、壱岐カントリー倶楽部で島外からの60人を含む80人が参加して開かれた。関東から酒類販売業者や東京壱岐雪州会、長崎県人クラブ関係者を始め、東海、関西、福岡など全国各地の壱岐出身者らゴルフ愛好家が集った。

コンペは毎年、七夕の時期に開催されており、壱岐での開催は平成19年以来8年ぶり3回目。80人の参加は壱岐でのコンペで過去最多人数となった。近年は主に千葉カントリークラブ(千葉県野田市)で開催しているが、今回は壱岐市の活性化に少しでも役立とうと、壱岐での開催に踏み切った。
6日夜にホテルステラコート太安閣で「前夜祭」が開かれ、約110人が参加。壱岐神楽の奉納や鏡開きが行われ、ゴルフ談議などで親交を深めた。山内賢明玄海酒造会長は「壱岐のゴルフコースは戦略性に富んでおり、ここでのスコアはその人の実力を示す」と同クラブ理事長としてのコース解説した。
プレー当日は梅雨前線と相次ぐ台風の接近も影響して、これまで好天気に恵まれていたこの大会としては珍しく大雨に見舞われ「雨中の決戦」。人数が多いためショートホールを除く各ホールからスタートするショットガン方式でプレーが行われた。
雨中での厳しいコンディションに多くの人が悪戦苦闘。しかしグロス76で回る実力者もいて、ベスグロ争いは高いレベルで展開された。競技後の表彰式では参加者全員に玄海酒造の焼酎と焼酎スイーツなどが配られ、初めての来島者も壱岐での休日を満喫した。
優勝は服部良一さん、2位大久保隆さん、3位岩永隆さんだった。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る