スポーツ

バレーボール元日本代表 新鍋理沙さん 田河小でクリニック

女子バレーボール元日本代表選手の新鍋理沙さん(32)の小学生を対象にしたバレーボールクリニックが1月28日、田河小学校体育館であり、田河男子ジュニアバレーボールクラブの児童9人が参加した。
新鍋さん(身長173㌢)は2012年ロンドン五輪の銅メダリスト。久光製薬スプリングス(現・久光スプリングス)の選手として出場し優勝した17年のアジア選手権では最優秀選手に選ばれている。
20年6月に現役を引退し、現在は久光の運営会社「SAGA久光スプリングス」の所属アスリートとして、バレーボールクリニックを開催。バレーボールの技術や楽しさを伝えている。田河小での開催は久留米市に続いて2か所目。
田河男子ジュニアバレーボールクラブは昨年4月に発足。現在6年生1人、4年生8人が所属している。クラブの前後援会長、齋藤正太郎さん(34)が昨年6月、「コロナでイベントができなかったので、子どもたちの思い出作りになれば」と、クリニックの募集に応募していた。
クリニックで新鍋さんは、ストレッチの仕方から、レシーブ、トス、スパイクの基本を指導。最後には試合形式のゲームに自身も参加し、子どもたちと保護者ら皆でバレーの楽しさを分かち合った。
質疑応答では、子どもたちがレシーブやスパイクのコツ、家でできるトレーニング方法など質問。新鍋さんは「レシーブは腕を引くことで勢いをなくして自分でコントロールすることが大事。スパイクは、どこが一番高く打てるか練習でつかむことが大事」などとアドバイスした。
岡田旭生さん(4年)は「スパイクを一番高い打点で打つということが印象に残った。試合に出たら今日の事を生かして勝ちたい」と話した。
新鍋さんはクリニックを終え、「すごく一生懸命に取り組んでくれて私も楽しかった。壱岐はパワースポットがいっぱいあると聞いたので、また時間があったら来たい」と話した。また、壱岐の子どもたちに「楽しくやりながらも基礎はしっかりやってほしい。先生の言うことをよく聞いて、好き嫌いせずよく食べて、健康に元気にバレーボールに取り組んでほしい」とメッセージを残した。

 

関連記事

  1. ダーツで健康に 広島県立大研究者ら実証実験
  2. 初のパブリックビューイング。V長崎がホームタウン活動。
  3. 女子四百㍍Rで3位 小学生陸上交流大会
  4. 岩本親子がファミリー3連覇。壱岐の島新春マラソン大会
  5. 皆既月食観察会 一支国博物館で開催
  6. 渡良小で校舎・体育館移転式典 旧渡良中を改修し有効活用
  7. 田中亜可梨が27年ぶりに大会記録更新 中体連女子千五百メートル
  8. 朝来市と友好都市提携 小山弥兵衛がつなぐ縁

おすすめ記事

  1. イルカ購入を巡り議会が紛糾 2頭購入、1頭借用に1128万円 予算案可決も 課題は山積
  2. 壱岐から岩井さんが初出場 身体障害者野球大会
  3. 農事組合法人勝本に 知事賞 ながさき農林業大賞

歴史・自然

PAGE TOP