© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

w牛まつり

壱岐国牛まつりが30周年

牛の安全などを祈願する「壱岐国牛まつり」(同保存会主催)が12日、郷ノ浦町の津神社で行われた。
寛文12年(1672年)に牛の疫病が壱岐島で大流行したことをきっかけに、津神社に牛神が祀られたことから、毎年4月の第2日曜日に牛まつりの祭典が行われており、現在の形になって復活した昭和60年から、今年で30周年を迎えた。
牛の張りぼてと、七福神を装った地元公民館員、柳田小学校の児童ら約百人が、牛方触公民館から神社のある津ノ上山の山頂までの約1・5㌔を練り歩き、牛神に感謝の気持ちを示した。神社では壱岐の牛たちの無病息災や五穀豊穣を祈る神楽や、玄海怒涛太鼓の演奏、バザー、餅まきなどが行われ、大いに賑わった。
壱岐国牛まつり保存会の谷口実会長は「実行委員が年々減少して18人となり運営は厳しいが、何とか30周年まで続けてこられた。子どもたちが将来思い出してもらえるイベントとして、また壱岐牛の名声を高めるためにも、今後もできる限り継続していきたい」と祭りへの思いを語った。

w牛まつり(牛まつりに参加した子どもたち)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201612/6

NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演

壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)落成20周年記念としてNHKラジオ「ふるさと自慢うた自慢」の公開収録が11月25日、同ホールで行われ、橋幸夫…

syasetsu

201612/6

社説・野犬対策で住みやすい街づくりを

地方の人口減少対策として都会の人の田舎への移住が注目されているが、なかなか定住に結びつかないという問題が全国で起きている。買い物などの不便さ…

iki

201612/6

40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団

コール・リーベ女声合唱団の40周年記念コンサートが11月26日に壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市民ら約3百人が鑑賞した。 同団は1975…

iki

201612/6

長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで一支国博物館の追悼展で展示

小学校2年から高校卒業までを疎開先の壱岐で過ごした画家・イラストレーターの長岡秀星さん(昨年6月死去、享年78)が遺した最古の未発表作品がこ…

%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad%ef%bc%88%e6%ad%8c%e3%81%84%e8%b8%8a%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e9%a3%9f%e8%82%b2%e8%ac%9b%e7%be%a9%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e8%82%b2%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a8%98

201611/15

育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭

原の辻一支国王都復元公園「古代米づくり」の秋の収穫祭と原の辻ウォーク2016が5日、原の辻ガイダンスなどで行われた。 復元公園を散策する原…

ページ上部へ戻る