社説

社説 フィルム・コミッション設置を熱望

NHKの朝ドラ「まれ」が、第1週の平均視聴率が20・6%と好調な滑り出しを見せている。
第2週からはヒロインの土屋太鳳が登場し、物語にさらにスピード感が出てきた。個人的には北海道での記者時代、まだ学生だった時から数多く取材した大泉洋が、遂に朝ドラ出演を果たしたことが感慨深い。「申し訳、ありません!!」と土下座を繰り返すあのダメ親父ぶりは、まさに大泉のキャラクターにピッタリで、「水曜どうでしょう」の初期の頃を懐かしく思い出してしまう。
フィクションの現代劇で、オリジナル脚本という点でも「あまちゃん」とどこか似たテイストが感じられるが、地方と首都圏の2つの舞台があるという点でも共通している。「能登編」の舞台となっているのは石川県輪島の近くの架空の土地だが、輪島塗、朝市、塩田など数多くの名物が紹介されている。
「あまちゃん」の場合は海女漁に加えて東日本大震災と三陸鉄道が番組の1つのテーマになっていただけに岩手県久慈市が舞台として必須だったが、「まれ」の場合は必ずしも輪島市でなければならない理由は見当たらない。同じ地方都市として、ついうらやましさを感じてしまう。
壱岐市での本格的な番組・映画のロケは、上野樹里、三浦春馬らが来島した2008年公開の映画「奈緒子」以来、行われていない。抜群のロケーションに加えて、人除け・車除けが容易である点もロケにとっては重要な要素であり、これほどロケに適した街は全国でも数少ないはずだ。
だが、いまのテレビ・映画のロケは、黙って待っていても選んでもらえない。全国100以上の自治体などには「フィルム・コミッション」(映画のロケーション撮影の際に発生する宿泊、地元住民との交渉、エキストラ、仕出しなどの業務を撮影者に代理して行う機関)が設置され、積極的な誘致合戦が行われている。
制作現場は予算削減で、なるべく低予算での撮影が求められており、自治体からの援助が必須。NPOなど民間が誘致を行うのはなかなか難しい面がある。壱岐市も観光商工課内にフィルムコミッションを設置して、映画・テレビドラマのロケ誘致に、思い切った予算を割いてはどうだろうか。

 

関連記事

  1. 交通ビル撤去を発議すべき。
  2. 社説・一点集中での創生アイデアを
  3. もったいない渋谷の物産展。
  4. B’zは千載一遇のチャンス
  5. 壱岐ならではのグルメを。
  6. 社説・心ないヤジは止めて欲しい
  7. Iターン者の立場に立った改革を
  8. もう一度訪れたい壱岐に

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP