© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20153/27

市民のアイデア、力を活かそう

syasetsu 利用者の気持ちになって考える。これはどんな商売でも成功するための鉄則だ。一流と呼ばれ好調な経営をして企業は、総じて利用者の立場に立ったサービスを徹底している。それは行政でもまったく同じことが言える。
先日、市航路対策協議会が行われた。市が委嘱した委員と航路運航会社が、市民や観光客へのサービスなどについて意見を交換する貴重な場で、今回は九州郵船と燃油サーチャージなどについて話し合われた。5月からの調整金大幅値下げは、特に市民にとって非常に重要な事例で、その点に関しては実りのある会議になった。
だが市民からの「博多のジェットフォイル乗り場が遠い」という意見に対しての討議には不満が残った。九州郵船が「ターミナル近くに乗り場を設置できない理由」を詳しく説明したが、それだけで話は終わってしまった。病院に通うために利用している市民も多いのだから、体の不自由な人のために乗用カートを運航するなど、代替案はいろいろと考えられるはず。一般市民が委員として参加していないため、意見が画一化されている印象を受けた。
先日乗船した博多発夜のフェリーはかなり混雑していた。2等船室は横になれる場所を確保するため、乗客が走って乗船した。だがそのような事情を知らない観光客や、走ることができないお年寄りが、まだ肌寒いデッキのベンチで2時間半を過ごしていた。みんなが詰めればその人たちの場所を確保することができる状況だったが、一般乗客からはなかなか声を掛けにくい。
乗船スタッフに余裕があれば良いが、経費削減で最低限のスタッフで運航をしている。それなら市が募集を始めた「いきいき観光サポーター」にその役割りを担ってもらうのはどうだろうか。会員に腕章を渡して、フェリー乗船時にボランティアをしてもらう。B’z歓迎時にすさまじいおもてなしパワーを見せた壱岐市民なら、ポイントなどなくても協力してくれるはずだ。サービス向上には市民力の発揮が求められている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る