© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20143/21

高校生が出席しない10周年式典

syasetsu春を迎えて、市内では各種イベントが毎週末に行われている。旧町の名残もあって、壱岐はじつにイベントの多い島だ。このイベントを観光客誘致に効率的に結び付けようと、平成24年度は県の「こぎ出せミーティング」で、市観光連盟が統括窓口となって島外に情報発信を行っていくことを決めたが、いまだに実行に移されていない。
市観光連盟ホームページの「お知らせ」は、昨年1年間で更新が14回、今年はわずか2回だけ。フェイスブックページは今年になって30回の投稿が行われているが、紹介されているイベントの大半は連盟主催、後援のものであり、その他の多くのイベントには触れられていない。情報集約、発信には、まだまだ時間が掛かりそうだ。
イベントの重複は、参加を楽しみにしている市民にとって残念なことが多い。3月1日午前10時から壱岐市市制10周年記念式典が開催されたが、同時間帯に壱岐高校、壱岐商業高校の卒業式が行われた。
卒業生の大半は、式後に島を出て行く。生まれ故郷の壱岐を愛し、できることならずっと壱岐に残り続けたいと思っている若者が、進学、就職のために仕方がなく島を離れていくのは残念なことだが、いずれは戻って来ることを願って送り出すのがこの卒業式。だがその場に白川市長をはじめ市のトップ、壱岐を先導していく立場の人たちが出席できなかった。代読ではなく、生の声で、高校生たちを送り出して欲しかった。
当然、10周年式典には、高校3年生は出席していない。壱岐市がこの10年間どのような発達を遂げてきたのか、現状の問題点は何なのか、これから島を離れて新たな生活のスタートを切る彼らにこそ、この式典に出席してもらいたかった。高校生だけでなく、会場には小中学生の姿も見られず、ロビーに各小学校児童が作成したポスターが掲げられただけ。これからの壱岐を担っていく人たちにこそ、この式典は重要なものだったはずだ。
同日に式典を行った対馬市との兼ね合い、来賓のスケジュールなどで調整が難しかったことは理解するが、対馬の後、夜の開催でも良かったのではないだろうか。来賓中心ではなく、市民中心のイベント開催を考えて欲しかった。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る