© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

人口減少対策など11項目 中村知事に要望書提出

要望書(壱岐市からの要望書を受け取る中村知事(右)) 壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁本館の特別応接室で行われ、市側から白川博一市長、久保田良和教育長、鵜瀬和博市議会副議長、山本啓介県議らが、県側からは中村法道知事、関係部長らが出席した。
白川市長は①定住人口増加対策、交流人口拡大対策について、地域オーダーメイド型プロジェクトの推進②漁業燃油高騰対策として、26年度末に終了予定の国の特別対策発動ラインの継続と、発動基準引き下げの国への働き掛け③航路運賃のJR並み運賃の実現や離島活性化交付金の拡充④県道渡良浦初瀬線の整備、など11項目を要望した。
中村知事は人口減少対策については「大きな課題として捉えている。地元でどのようなさ施策があるのか、提案して欲しい」、改正離島振興法に係る予算確保に関しては「要望はよく判った。国の動向を見守りながら、県の一緒に取り組んでいく」と回答したが、漁業燃油価格高騰対策については具体的な答弁はしなかった。
玄海原発から二十数キロに位置し、原子力災害時の避難道路となっている県道渡良浦初瀬線については、浅野和広土木部長が「早急に事業化できるように検討する」と前向きな姿勢を見せた。
(要望事項の詳細は次号で掲載)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る