© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/31

庁舎建設なら複合施設化を

syasetsu 新市庁舎建設問題が大詰めを迎えてる。「建設の是非は今年中に判断する」と市は期限を明示しており、早ければ次回、4日に開催される庁舎建設検討特別委員会の席上で、議会の賛否を問うことになる。
建設候補地を示す前に議会に判断を求めることに対して様々な意見はあるが、市民の代表である議員が了承しているのであれば、議会に任せるしかない。それが議会制民主主義である。
もし建設することになったら、「生産性」のある庁舎を望みたい。9月議会の一般質問で鵜瀬議員が「庁舎と文化・商業施設とのリンク」について質問したが、市長は「いまのところ考えていない」と答弁した。だが市役所を単なる庁舎としてだけで使用したら、その生産性はゼロである。
新庁舎は壱岐の中心、顔、玄関口として活用するべきだ。観光客は港、空港からまず市役所を訪れ、様々な観光情報の提供を求める。いまのところ計画がとん挫している「島の駅」併設して、壱岐ならではの食事・土産品を網羅する。物産館建設は合併特例債の対象となる。
市民の憩いの場であることも求められる。繁盛している「道の駅」は、観光客だけでなく、地元民も買い物、食事に訪れて賑わっているものだ。地元民でも「安い」「新鮮」と感じる品揃えにしなければならない。
図書館も、武雄市のような多くの市民が訪れるものを併設するべきだし、大手コーヒーチェーンやファストフード店の誘致も人が集まる施設ならば実現できる。各種競技の公式戦が開催できる規模の体育館や、市民が利用できるプール・温泉施設、銀行ATM、屋上ヘリポートなどがあれば、なお便利だ。太陽光蓄電システムやIP電話導入による経費削減は言うまでもない。
庁舎建設については、各地で市民ニーズに応える複合施設化の要望が検討、実現されている。ぜひ全国各地の優れた市役所を参考にして、最新鋭で生産性のある市役所を作ってもらいたい。それならば市民の反対も少ないはずだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る