© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

男女ともに3連覇達成 男子・郷ノ浦A、女子・芦辺A 市中体連 駅伝大会

中学駅伝(スタートからら先頭を走る芦辺A・田中亜可梨) 市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子51回、女子33回)が3日、筒城浜ふれあい広場周回コース(男子6区間20・4㌔、女子5区間13・3㌔)で開催され、4校8チームが出場。男子は郷ノ浦A、女子は芦辺Aがともに3連覇を達成した。男子2位石田A、女子2位郷ノ浦Aとともに4チームが県大会(11月12日・長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場)への出場権を獲得。女子芦辺Aの田中亜可梨(2年)は1区(3・1㌔)で10分48秒をマーク。一昨年、加藤浩美(勝本)が記録した11分04秒を16秒更新する区間新を樹立した。

1区田中が区間新
5区大久保が逆転
田中、大久保舞香(3年)と全国区のランナー2人を抱える大本命の女子・芦辺Aだが、不安もあった。2~4区の3人はいずれも1年生。素質の高い3人だが、やはり経験豊富な2~3年生ほどの信頼度はない。昨年の2~4区はいずれも3年生が担当していた。
中学駅伝(選手宣誓を行った石田の男女キャプテン) 昨年に続いて1区を走る田中は、1年生たちが後続からのプレッシャーを感じず楽に走れるようにするため、圧倒的な差をつけることが大きな役割だった。その期待に田中は十二分に応えた。
スタートから飛び出すと、後続を大きく引き離す一方。区間新記録は単なる通過点で、1秒でも差を広げて襷(たすき)を1年生に渡そうと、普段は長距離レース後でも涼しい顔の田中が、ゴールで倒れ込んでしばらく起き上がれないほど自身を追い込んだ。その結果が2位大久保七海(勝本)に38秒もの大差となった。
田中は「目標の11分が切れたし、差も広げられた。満足できる自分の走りができました」と後輩に襷を託した。
この大量リードに2走以降の1年生は自分のペースで走ることができ、それぞれ区間3、6、3位と健闘したが、4区で遂に郷ノ浦Aに捉えられた。だがその差はわずか4秒。区間新をマークした昨年と同様にアンカーを務めた大久保にとっては小さ過ぎるハンデで、襷を受けた直後に首位奪還。郷ノ浦Aに瞬く間に39秒もの差をつけて、V3を達成した。
ゴールした大久保はしばらくの間、涙が止まらなかった。「1年生がよく粘ってくれて、3連覇は本当にうれしかった。でも自分のタイムは昨年の区間新に3秒及ばなかったのは悔しくて…」と気持ちを整理するのに時間が掛かった。
次の目標は県大会で昨年の5位以上の成績を残すこと。田中は「県大会では速い選手が沢山いる。もっとレベルアップしないと」と気を引き締め、キャプテンの大久保は「チームワークの良さを県大会で出したい」と健闘を誓った。

中学駅伝(V3を決めた芦辺Aのアンカー・大久保舞香)

2区以降首位譲らず
6区甲原が急成長
男子は3年生5人を揃えた郷ノ浦Aが磐石の強さを見せた。昨年1年生ながらアンカーを務めた唯一の2年生・三浦壱太朗が1区を担当したが、本調子を欠いていたために2番手で2区へ。だが2区を務めたキャプテンの末永竜也(3年)がすぐに逆転。そのまま最後まで首位を守り抜いてV3を達成した。

末永は「調子の悪い壱太朗をみんなでカバーしようと、ひとつになれた。県大会は昨年11位だったので、今年は九州大会へ進める2位以内を狙いたい」と大きな目標を語った。アンカーを務めた甲原海人(3年)は今年になってメキメキ頭角を現した。「自己ベストは14分台だったので、13分33秒は30秒以上の更新です。みんなが自己ベストを更新すれば、県大会もきっとやれるはず」と目を輝かせた。

中学駅伝(1番ポーズでゴールインした郷ノ浦A・甲原)

中学駅伝(1区三浦から襷を受け取った郷ノ浦A・末永)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る