地域情報

事業評価Aは3事業 地方創生推進交付金

市まち・ひと・しごと創生会議(長嶋立身会長)が18日、壱岐の島ホールで開かれ、15人の委員が観光課、商工振興課、政策企画課、SDGs未来課が令和2年度に実施した地方創生推進交付金6事業の評価を行った。
A評価(事業継続=成果が十分に上がっている)は3事業、B評価(取組追加・発展=相当程度の成果がある)は3事業、C評価(事業内容の見直し・改善=成果が不十分である)、D評価(成果なし=事業中止)はなかった。

関連記事

  1. GW乗船客95・3%減少。九州郵船・博多‐壱岐航路。
  2. 壱岐拠点を郷ノ浦に開設 ベンチャー企業AHGS
  3. 4月19日の週から到着予定。高齢者向けコロナワクチン。
  4. 壱岐市人事異動PDF(平成27年4月1日)
  5. 文化ホールが「壱岐の島ホール」に 壱岐の蔵酒造が命名権契約
  6. 窮状訴える声が相次ぐ。市緊急経済対策会議。
  7. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  8. 海にゴミを捨てないで 壱岐海上保安署が劇で呼びかけ

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP