地域情報

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触などの田畑で、50~200羽程度の群れが観察されている。

5日朝には山崎触の田んぼに約200羽の群れが確認された。羽を休めながら落穂や昆虫をついばみ、体力を回復してから午前中に北へ向かって飛び立った。

今冬は出水市で約1万5千羽のツルが越冬していることが観察されている。1月末から北帰行が始まっており、3月中旬まで続く予定で、本市への飛来は今後も見られそうだ。

関連記事

  1. ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。
  2. 10%プレミアム商品券を発行 地域おこし協力隊2人増員 白川市長…
  3. 長蛇の列で即完売。壱岐焼酎プレミアム商品券。
  4. 壱岐勢W初戦突破 高校野球選手権   長崎県大会 奇跡の逆転劇 …
  5. ATR機導入を検討。ORC日野社長が言及。
  6. 新藤総務大臣が来島視察 地域おこし協力隊を激励 壱岐焼酎を 17…
  7. 「温かい受け入れに感謝」 ウクライナ避難民のヴィクトリアさん
  8. 収穫に感謝 献穀田抜穂祭

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP