© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

3機関が連携を宣言 いざ本番、ごっとり市場

ごっとり市場(会見にはキャラクターが勢ぞろい) サッカーのW杯ブラジル大会開幕に合わせて、「壱岐島ごっとり市場キックオフ宣言」が13日、壱岐振興局で行われ、長嶋立身市観光連盟会長、白川博一市長、松尾明彦壱岐振興局長の3人が宣言書にサインをして、島内業界団体・行政機関が一体となり、福岡地区などの大消費地へ“ごっとり発信”していくことを誓った。
壱岐島ごっとり市場プロジェクトは、県のがんばらんば長崎支援事業に採択された観光活性化事業で、25~26年度の2年間で総事業費は1億2500万円(うち県交付金1億円)。壱岐の魅力を「こだわり交流体験」「ごだわりグルメ」「おもてなし」「誘致戦略」の4項目で売り込み、観光客数を27年度末に1万3150人増、29年度末に2万2500人増とする目標を立てている。
こだわり交流体験プロジェクトは、島内各地域ブロックと各関係団体が、25年度に55の体験メニューを作成。新年度も新たに70の体験メニューを加え、観光客らに提供していく準備が整ったことで、この日のキックオフ宣言となった。
長嶋会長は「島のライフスタイルを体感、体験できるメニューを組み合わせて、壱岐ならではの独自性の高い魅力ある旅行商品を提供していきたい」とプロジェクト最終年にかける思いを語った。
◆主な新体験メニュー ▽アスパラと竹を使った和紙づくり(勝本ブロック)▽小島神社参拝(田河・八幡ブロック)▽流木アート(石田・筒城ブロック)▽豆腐作り(芦辺・箱崎・瀬戸ブロック)▽貝殻キャンドル作り(渡良・三島ブロック)▽エギング(沼津・鯨伏ブロック)▽しめ縄作り(那賀・住吉ブロック)▽弥生古代住居作り体験(チーム防人)▽星空観測(子ども劇場)▽椿油作り(勝本浦ツーリズム)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る