地域情報

「うに屋のあまごころ」オープン

 あまごころ本舗株式会社(鈴木利之代表)は1日、郷ノ浦町東触の「あまごころ壱場」2階に、うに料理専門店「うに屋のあまごころ」壱岐本店をオープンした。
 同社は昨年10月、JR東京駅のレストランエリア「キッチンストリート」に東京駅店をオープン。同店は気軽に壱岐や世界中のウニが味わえる店として、「キッチンストリートNO1の売り上げを誇っている」(村田妃富美会長)。
 創業の地である壱岐にオープンした本店は、東京駅店の人気メニューである「想い出のうにオムライス」「うに屋のうに丼」「うに屋のトマトクリームパスタ」などを引き継ぎながら、壱岐の食材を年中楽しめるオリジナルメニューの展開も考えている。
 村田会長は「地域活性化があまごころ壱場全体の大きなテーマ。まずは地元の人たちに、地元産だけでなくいろいろな種類のウニを味わって、東京で人気のウニ料理を堪能してもらいたい。食事でなくても、ケーキ&コーヒーセットを500円で提供しているので、喫茶室のように談笑する場としても活用してもらいたい。壱岐が元気になってくれることだけを考えて、この店をオープンさせました」と地域活性化に願いを込めた。
 ウニ料理の価格は東京駅店よりも安く設定されており、うにご飯・うに入り卵・うにトマトクリームソースという“うに三重奏”が人気のオムライスやパスタは1100円。うに丼はご飯(220円)にうに(チリ産10㌘270円、海外産=メキシコ・カナダなど=10㌘380円、国内産10㌘490円、壱岐産10㌘810円)から選んで好きなだけ乗せるシステムとなっている。
 店舗は56席(個室6室)。営業時間は午前9時から午後5時半。年中無休。47‐4580。

関連記事

  1. リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。
  2. ギネス世界記録を作ろう!! リレー形式で壱岐牛を食べさせ合う 1…
  3. 「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た
  4. ファウンテック社員旅行 5度目の壱岐を満喫
  5. イノシシを罠で捕獲。140㌔のオス。
  6. 兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言
  7. 複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言
  8. 芦辺中学校工事遅延問題、市長・教育長の給与減額。

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP