© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20145/30

4中学が練習成果を競う 市中体連球技・剣道大会

中体連(先制タイムリーの郷ノ浦中・村部)
市中体連の球技・剣道大会が17~18日に市内各会場で行われ、7競技に580人が出場した。
ソフトボールは1勝同氏の郷ノ浦と勝本が3試合目で激突。郷ノ浦は2回無死から4番高村の左越三塁打、5番村部の左前適時打で先制すると、計6者連続安打で5得点。3回も4安打と敵失で4点を奪った。投げては先発の1年生村部が3回を無安打無得点、リリーフしたエース田川(3年)も2回を1安打無失点と勝本打線を完璧に抑え、9‐0(5回コールド)で完勝した。

中体連(先制点を挙げた高村を出迎える郷ノ浦中ナイン)石橋茉奈キャプテン(3年)は「1試合目から自分たちらしい試合ができました。みんなが一つになって、元気のあるプレーができたと思います」と手応えを感じ取っていた。好投した村部菜月投手は「まだまだですが、中学でもやっていく自信が少しつきました」と笑顔を見せた。
ソフトテニス女子団体戦は石田と芦辺が決勝で対戦。石田がチームワークの良さを見せて、接戦を制した。濵崎彩伽キャプテン(3年)は「新人戦は芦辺に負けてしまったのですが、リベンドを果たすことができました。みんな明るいけれど、試合をするたびに精神力が強くなってきたように思えます」と喜びを爆発させた。
◆ソフトボール
郷ノ浦  8134-25
芦 辺  000-0

芦 辺 0000-0
勝 本 1110X-12

郷ノ浦05400‐9
勝 本00000‐0
【順位】①郷ノ浦②勝本
◆ソフトテニス ▽男子団体戦①郷ノ浦②芦辺
▽女子団体戦①石田②芦辺③勝本
▽男子個人戦①村部敏基・山口幸翼(郷ノ浦)②豊坂尚己・竹末悠人(勝本)③高田龍之介・長山諒平(芦辺)、濵匠利・德田敦史(郷ノ浦)
▽女子個人戦①濵崎彩伽・辻海澪(石田)②井元愛理砂・小金丸万葉子(芦辺)③播磨日向・寺田想(芦辺)、赤岩香・坂口真奈(勝本)
◆バレーボール ▽男子①郷ノ浦②石田③芦辺
▽女子①勝本②芦辺③郷ノ浦
◆バスケット ▽男子①芦辺②郷ノ浦
▽女子①郷ノ浦②芦辺
◆軟式野球
▽1回戦
石田
0000000-0
000001X-1
芦辺
勝本
0010010-2
0000000-0
郷ノ浦
▽3位決定戦
石田
0010301-5
1020012X-6
郷ノ浦
▽決勝
芦辺
0000000-0
010001X-2
勝本
【順位】①勝本②芦辺③郷ノ浦
◆卓球 ▽男子団体戦①勝本②郷ノ浦③芦辺
▽女子団体戦①郷ノ浦②勝本③石田
▽男子個人戦①本城匠(勝本)②松永魁斗(勝本)③中村遼太(勝本)、杉野大海(郷ノ浦)
▽女子個人戦①三瀬捺稀(郷ノ浦)②長門佑夏(郷ノ浦)③土谷小夏(郷ノ浦)、塚本真紀(郷ノ浦)
◆剣道 ▽男子団体戦①石田②郷ノ浦
▽女子団体戦①石田
▽男子個人戦①山川椋太(石田)②池内優斗(石田)③松尾宗佳(石田)、重松和輝(郷ノ浦)
▽女子個人戦①上川歩華(石田)②安川涼菜(石田)③竹下藍里(芦辺)、藤本真希(石田)

中体連(優勝を決め喜ぶ石田のペア) 中体連(勝本・松永のスマッシュ)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る