© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊

土地改良区(メンバーに手紙を託した合口さん)第10次長崎壱岐・活き応援隊(壱岐土地改良区東北復耕支援ボランティア隊、5月13~17日)の結団式が4月23日、石田町の壱岐土地改良区会議室で行われた。
壱岐土地改良区からの派遣は2年前に続いて2回目。今回は空路を利用して、前回と同じ岩手県陸前高田市気仙町の上長部地区で、10人の隊員が農地の復興を支援。焼酎7蔵から各1本の一升瓶、全隊員と白川博一市長が自家栽培の白米各10㌔(計110㌔)を支援物資として「上長部の郷」に届ける。
山川明隊長(65)は「重機では対応できない農地の復興を、私たち10人の経験を生かして手助けしたい。2年前はやせていた畑が、今回どのように作物が成長しているのか楽しみにしている」と話した。
また長部地区で民宿経営をしていた父親の実家が津波で流された経験を持つ地域おこし協力隊の合口香菜さん(29)も結団式に参加し「壱岐からのボランティア隊が気仙町を訪れることには、深い縁を感じます。皆さんが遠くから足を運んでくださることが、気仙町の人たちみんなの力になります」と隊員に感謝の気持ちを伝え、父親の実家へ宛てた手紙を隊員に託した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る