スポーツ

バスケットクリニックを初開催 Wリーグトヨタアンテロープス

 バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)に所属する「トヨタアンテロープス」の選手らが22日、石田スポーツセンターでバスケットボールクリニックを開き、市内小中学生と高校生約90人が参加した。
同チームはトヨタ自動車が運営。2022~23年の日本女子リーグで準優勝を飾る強豪で、クリニックは長崎トヨペットが主催して壱岐で初めて企画された。
午前中に行われた小学生対象のクリニックには61人が参加。現役選手7人とコーチ3人が2グループに分かれて、ストレッチの仕方やドリブル、パスの練習を、ゲームを交えながら楽しく教えた。
質問タイムでは、子どもたちが次々と質問を投げかけ、「レイアップシュートのコツは」という問いには、ポイントガードの横山智那美選手(20)が「絶対入れてやるという強い気持ちを持つこと。(ゴールの)ボードを使って、前じゃなくて上に打つことが大事」とアドバイス。また「どうしたら遠くからシュートが入るようになるのか」という質問には、シューティングガードの三浦舞華選手(22)が「脚から手まで一連の流れで力を伝えることが大事」と話し実演して見せた。
最後には写真撮影サイン会も行われ、子どもたちはサインをもらおうと列を作った。
柳田ミニバスケットボールクラブキャプテンの平田羚さん(柳田6年)は「(ドリブルのゲームでは)ほかの人と協力してできた。きょうの練習をこれからのバスケットに活かしたい」と話した。

関連記事

  1. 新庁舎建設を正式に見送り 特別委は議会のあり方で激論
  2. 芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球
  3. 渡良SCが準優勝 第50回県少年ソフトボール大会
  4. ウルトラマラソン継続が決定。レオパレス21はスポンサー降板へ。
  5. 壱岐勢W初戦突破 高校野球選手権   長崎県大会 奇跡の逆転劇 …
  6. 男女とも瀬戸が優勝 ミニバスケット県予選
  7. 献穀田お田植え祭
  8. 児童が一般質問 盈科小模擬議会

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP