文化・芸術

第75回記念大会開く 壱岐川柳会鬼ヶ島柳宴

 壱岐川柳会(江川漣会長)の第75回大会「壱岐鬼ヶ島柳宴」が19日、郷ノ浦町の弁天荘で開かれ、大阪や神戸など島外からの19人を含め31人が参加した。
江川会長(87)はあいさつで「(入会当時は)一番若かった私が、最年長になった。作句に励み、棺に入る時には笑顔を残せるような生涯でありたいと思う。皆さん方と語らいができ、懇親できることが最大の喜び」などと歓迎した。
今年の兼題は「焼く」「舌」「輝く」「古墳」「刻む」「海」で、大会開会前の昼過ぎまでに提出された句が選者によって披露され、郷ノ浦湾の波の音が聞こえる会場で、皆で作品に耳を傾けて、互いに拍手で賞賛した。
熊本市から初来島の(一社)全日本川柳協会理事、平田朝子さん(80)は「壱岐には歴史と古墳があると聞いていて楽しみにしていました。お題も古墳や海など壱岐にちなんだもので楽しめました。ここに来られたことは幸せで川柳は生きがいだと思った。またチャンスがあれば壱岐に伺いたい」と話した。
大会に続いて懇親会も開かれ、参加者は親交を温めた。
特選と準特選は下段に掲載。

関連記事

  1. 壱岐高写真部が作品展示 郷ノ浦港、島の写真展
  2. 壱岐実行委が設立 R7ながさきピース文化祭
  3. 宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培
  4. ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作
  5. 特別賞に93歳加藤博子さん しまごと芸術祭絵画写真展
  6. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  7. 写真で石文化を紹介 壱岐巡りの会 山内会長
  8. 4年ぶりに開催 津神社壱岐国牛まつり

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP