文化・芸術

ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作

株式会社イースト(本社・東京都)が石田町筒城で運営するikibase Guest House(イキベースゲストハウス)で23日、ウォールアートプロジェクト完成お披露目会が開かれた。

イキベースは「アーティスト・イン・レジデンス」として芸術家の滞在を島外から受け入れ、制作・創作の場を提供するなどアートの視点から地域活性化に取り組んでいる。ウォールアートはその一環で、同施設の高さ6㍍、幅20㍍の壁面に、イラストレーター仁太郎さん(26)が壁画を制作した。

22、23日夜にはこの壁画をライトアップで彩り、壱岐高校、壱岐商業高校美術部の生徒や、地域の人たちが集まり鑑賞。ゲストハウス内には仁太郎さんの作品が展示された。

仁太郎さんは大分県の芸術系短大を卒業後、福岡県のグラフィックデザイン関係の会社に勤務していたが、昨年イラストレーターとして独立。今年はアミュプラザ長崎のメインビジュアル担当として採用されている。

壁画の完成は最後のサインを入れた23日だったが、制作は2月に2週間をかけて行われた。「シャッターアートの経験はあったが、これだけ大きな作品はもちろん初めての経験。地元の人の協力で足場を組んでもらい制作した。大変だったが楽しかった。壱岐を色々と案内してもらい、勝本のアイランドブルワリーに集う人々の出会いと交流を中心に、波、サンゴ、ツバキの花など壱岐の魅力を盛り込んだ」とコンセプトを説明した。

空港へ向かう県道からもよく見え、壱岐のアートな新名所になりそうだ。

 

関連記事

  1. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展
  2. 27、29日にNHK長崎で放送 市民が提案する壱岐の魅力
  3. 「光のラビリンス2」展開幕 光とアートの不思議な世界
  4. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散
  5. 牧山空未さん(盈科5年)が最優秀賞 県まちづくりの絵コンクール
  6. 大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典
  7. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露
  8. 約1万株が見頃に 壱岐あじさいパーク

おすすめ記事

  1. 南方系サンゴが進出 国立環境研究所などの調査で確認 海水温上昇 裏付け
  2. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  3. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ

歴史・自然

PAGE TOP