文化・芸術

豊永琴音さん(初山2年)の版画が知事賞 8万5605人から子ども県展最高賞

第68回子ども県展(県教育委員会、県造形教育研究会主催)の結果が1月22日に発表され、小学生版画の部で本市の豊永琴音さん(初山小学校2年)が最高賞の知事賞を獲得した。
子ども県展は小学生が絵画、版画の2部門。中学生が絵画、版画、デザイン、立体の4部門で、県内の小中学校と特別支援学校の483校から8万5605人の応募があり、8183点が入賞。知事賞は20点だけだった。
豊永さんは学校の図工の時間に紙版画で、自分が校庭の肋木(ろくぼく=はしごを昇る遊具)を昇っている様子をデザインした作品を製作。見事に知事賞を獲得した。「知事賞受賞を聞いて、とてもビックリした。紙版画で作品を作るのは大好きだけど、そんなにうまくはないなと思っていたので、どうして受賞できたのか判らない。肋木で遊ぶのが好きだったので、自分が昇ろうとしている姿を想像して、作ってみることにした。棒をつかんでいる手や腕の形や、顔全体の形はうまくできたと思うけれど、目の部分が難しかった」と作品について話した。
知事賞獲得は自信にもなり「来年は、木琴を弾いているところを作ってみようかな。これからも毎年、出品したい」と笑顔を見せた。
知事賞を含む特別賞60点と特選770点は、2月5日まで佐世保市島瀬町の市博物館島瀬美術センターで展示された後、特別賞全作品などは2月15~19日に五島市池田町の福江文化会館でも展示される。

 

 

 

関連記事

  1. 壱岐オリジナル4作品も 一支国博物館「ボクネン展」
  2. 春の七草料理を提供 一支国博物館―
  3. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散
  4. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  5. 正月前に門松づくり 那賀小地域子ども教室
  6. 松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄…
  7. 牧山空未さん(盈科5年)が最優秀賞 県まちづくりの絵コンクール
  8. 家族の歴史たどり自費出版 「両親の思い記録に」 勝本浦の松尾さ…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP