文化・芸術

郷ノ浦・法輪寺で消防訓練 本堂から文化財を運び出す

市消防本部は1月26日、文化財防火デーに伴う消防訓練を郷ノ浦町坪触の法輪寺で実施。同寺住職と総代長、市消防団など関係者約40人が参加した。
同寺の本堂から出火したとの想定で、岩見隆廣住職と坪田幼一総代長が消火器で初期消火をするとともに、消防署に通報。同寺は細い道から石段で上がった場所にあるため、下の広い道路にポンプ車を止め、また近くに防火水槽がないため海から海水を引き揚げてポンプ車に送水する想定で、計150㍍以上にホースをつないで延長し、消防署員と消防団員が一斉放水を行った。
本堂からは同寺に所蔵されている市指定有形文化財の彫刻「銅造如来坐像」のレプリカを、消防署員2人が慎重に抱えて運び出した。この仏像は韓国の高麗時代後期に造られたものが壱岐に伝わったとされており、当時の交流を示す貴重な資料とされている。
平田則久消防署長は「厳しい寒さの中での訓練となったが、発生から初期消火、通報、一斉放水と一連の流れがスムーズに行われ、所期の目的を達成できた。貴重な文化財は後世に残していかなければならない。沖縄・首里城の火災は映像を見ていても耐え難いものだった。2度とあってはいけないことで、さらに防火に務めていきたい」と講評した。

関連記事

  1. 石田納涼夏祭りが廃止 半世紀以上の伝統行事
  2. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展
  3. 中国湖北省の名所紹介 チョウさんのニーハオ教室
  4. ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作
  5. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  6. 壱岐オリジナル4作品も 一支国博物館「ボクネン展」
  7. 元沼津中校長 ウエダ清人さん 壱岐題材の油彩画展示
  8. 版画部門で野川さんに知事賞 第69回子ども県展表彰式 副知事らが…

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP