政治・経済

昨年比140人減 子どもの数 壱岐は2727人

 県はこのほど、県内の子ども(15歳未満)の数(4月1日現在)を発表。15万261人で前年から4832人減り、過去最少になったことがわかった。総人口に占める割合も12・1%で過去最少。
本市は3月末現在、2727人で前年に比べ140人減り、記録が残る基準日の比較では過去最少となった。
壱岐の子どもの数は、昭和30年の1万8585人から60年には9407人に半減。以降減少が続いている。
総人口に占める子どもの割合は、昭和30年は35・9%だったが、平成2年21・6%、今年は11・3%と一割強にまで減っている。
一方、65歳以上の高齢者数は、昭和30年3757人、同60年6053人、平成27年9615人、令和3年9773人まで増加してきたが、令和4年以降は減少に転じ、今年は9518人で総人口に占める割合(高齢化率)は39・6%だった。
※壱岐の人口は昭和30年~令和2年は国勢調査、それ以降は住民基本台帳をもとに計算。

関連記事

  1. 市長選4、市議補選6陣営出席 立候補予定者説明会
  2. 篠原市長が初登庁、就任式で演説 「一緒に日本一幸せな島へ」
  3. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  4. 小金丸議員が2度目の議長就任 赤木議員は2年ぶりに副議長 議長選…
  5. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  6. 白川市長が次期市長選不出馬を表明 後継として現役市職員に立候補の…
  7. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  8. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP