文化・芸術

光の芸術家ゆるかわふう作品展 一支国博物館で6月30日まで開催 断熱材を使用 新技法「光彫り」

 一支国博物館の第69回特別企画展「光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶」が10日に開幕した。6月30日まで。観覧料は一般3百円、小中校生百円。ゆるかわさん(43)は背後からLED光を透過させた建築用断熱材の表面に凹凸をつけることで光の陰影をつくり、幻想的な世界を表現する世界初のオリジナル技法「光彫り」で作品を作り続けている世界的な芸術家。1階テーマ展示室には縦180㌢×横560㌢のクジラを描いた巨大な作品など5点、3階多目的交流室にも8点を展示。ゆるかわさんはオープニングセレモニーのため来島し、来場者に作品について解説した。

関連記事

  1. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  2. 手で刷る写真ワークショップ 滞在中のYoshiokaさんが開催
  3. 正月前に門松づくり 那賀小地域子ども教室
  4. クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令
  5. 中島潔絵画展が開幕 一支国博物館特別企画展
  6. 写真で石文化を紹介 壱岐巡りの会 山内会長
  7. 牧山空未さん(盈科5年)が最優秀賞 県まちづくりの絵コンクール
  8. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP