政治・経済

平均価格55万円台に回復 壱岐家畜市場12月子牛市 全国的に 回復傾向

JA壱岐市の定期12月市場が1、2日、壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は55万6350円(牝46万5610円、去勢63万9490円)で、前回の10月市場と比べて6万7805円増、113・88%の大幅アップとなり、半年ぶりに55万円台以上に回復した。取引成立頭数は778頭で前回から94頭増、販売金額は4億3284万100円で、前回から9867万5500円増となった。10月市場では2013年6月市場以来10年ぶりの50万円台割れとなり、JA壱岐市は11月18日に肉用牛経営危機突破決起大会を開き、危機的な状況にある畜産農家にとって即効性のある施策の実施を求める決議を行い、同29日には「いいにくの日」にちなみ消費拡大に取り組むなど機運を盛り上げていた。

関連記事

  1. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  2. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  3. 小金丸議員が2度目の議長就任 赤木議員は2年ぶりに副議長 議長選…
  4. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…
  5. 「公的支援の状況で具体的判断」 九州郵船が高速船更新に言及 1隻…
  6. 九州市議会議長会に2議案提出 本市で県市議会議長会臨時総会
  7. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  8. 平均価格さらに6万5千円減 壱岐家畜市場8月子牛市

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP