政治・経済

燃油調整金が一気に2.7倍へ 博多片道高速船1440円加算 8~10月期

財務省はこのほど、4月の原油CIF価格(到着港までの輸送費を含めた価格)の平均価格が1㌔㍑8万3246円(速報値)だったことを発表した。この価格は九州郵船が定める改定ゾーン金額表で初の「8ゾーン」(7万9574~8万4573円)に入るため、4月平均価格を基準とする8~10月期燃料油価格変動調整金は壱岐~博多間がフェリー片道880円、高速船ジェットフォイル(JF)片道1440円、壱岐~唐津間フェリー片道400円になる。正式には6日に開かれる市航路対策協議会で九州郵船から報告される。調整金の大幅値上がりは人の移動がピークとなる夏休み、盆休み、シルバーウィークを直撃することになる。

関連記事

  1. 山田勝彦衆議が国政報告会 「島民以外も航路運賃低廉化を」 岡田克…
  2. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」
  3. 未利用魚の価値化など 「壱岐なみらい研究所」市職員らが研究発表
  4. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  5. 市長選で子ども選挙実施へ 実行委が選挙委員募集
  6. 台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1…
  7. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  8. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP