政治・経済

九州市議会議長会に2議案提出 本市で県市議会議長会臨時総会

 県市議会議長会臨時総会と議員研修会が8月21、22日、本市で開かれた。市議会議長会の通常総会は2009年、17年に本市で開かれているが、臨時総会は初めて。
総会には公務のため欠席した佐世保市を除く県内12市の市議会議長、議会事務局長らが出席。壱岐市議会の小金丸益明議長が会長を務め、24件の議案を原案通り可決。10月24日に佐世保市で開かれる九州市議会議長会第3回理事会に長崎県13市共同で「西九州地域の交通網の整備促進について」と「離島振興について」の2議案を提出することを決めた。
離島振興については「離島の自立的発展を促進し、離島住民の生活の安定と福祉の向上を図るとともに、地域間の交流や定住の促進を積極的に図る必要があるため、国においては離島をとり巻く特殊事情を直視し、それぞれの離島の特性に応じた離島振興の促進のため、特段の配慮をされるよう強く要望する」との要旨で、以下の2点を要望する。
一つは「有人国境離島法の確実な延長と支援事業の拡充について」で、「航路・航空路運賃低廉化の対象が、地元出身者の帰省、ビジネス客や観光客に及んでいない状況。来島するすべての人を対象にすることで交流人口を増やし、観光産業の振興と定住・移住に繋げ、離島地域の活性化に結び付けたい」と要望。
もう一つは「離島航路におけるジェットフォイルの更新について」で、「県内で就航している4隻はいずれも建造から30年以上が経過し老朽化が進行。導入当時に比べ建造費が大幅に高騰し、航路事業者の負担のみでの更新は困難な状況にある。改正離島振興法、有人国境離島法の目的に沿った国の施策として、新たな支援制度の創設など財政的支援を強く要望する」とした。
22日には壱岐の島ホール大ホールで議員研修会が行われ、株式会社廣瀬行政研究所の廣瀬和彦代表取締役を講師に招き、「予算決算審議について」の演題で講演会が行われた。

関連記事

  1. 未利用魚の価値化など 「壱岐なみらい研究所」市職員らが研究発表
  2. 「壱岐黄金」収穫 志原地区で収穫祭
  3. NHS壱岐コールセンターが開所 スタッフ23人が地元雇用 将来的…
  4. 「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20…
  5. 5~7月は3ゾーンへ 九州郵船の燃油調整金
  6. ボトルデザインは須田正己さん 海神グループが焼酎発売
  7. 企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック
  8. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP