政治・経済

長崎コンシェルジュに2人認定 ビューホテル壱岐

県は宿泊施設で質の高いサービスを提供して長崎の魅力を発信する人材を認定する「長崎コンシェルジュ」に新たに16人を認定。本市から郷ノ浦町の「ビューホテル壱岐」の接客サービス係、熊谷嘉美さん(50)と大野こころさん(20)が認定階級の一つ、「ブロンズ」に認定された。有効期間は3年で、認定されると最新の観光情報を得られたり、コンシェルジュ同士の情報交換会や講習会に参加できるなどの特典がある。

認定に先立ち面接や技能、知識、観光案内の手法を検査する試験があり、点数によってゴールド、シルバー、ブロンズの3等級に分類される。今年は全体でシルバー4人、ブロンズ12人が認定された。昨年は勝本町の平山旅館に務める男性2人がブロンズに認定されている。

熊谷さんと大野さんは試験に臨むにあたって、改めて壱岐の観光地を見学したり、パンフレットなどを見たりして、壱岐の観光について学びなおしたという。

熊谷さんは「改めて壱岐のことを知ることができ、勉強になりました。より一層勉強してお客様に喜んでいただけるよう励みたい」、大野さんは「パンフレットやホームページで調べたが、自分の言葉で伝えることが難しかった。授与式でシルバー認定の方と話したが、言葉遣いなど凄くて参考になった。お客様の立場に立って接客することが身に付いたと思う」とそれぞれ話した。

関連記事

  1. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  2. 壱岐東部漁協らに水産庁長官賞 浜の活力再生プラン優良事例表彰 サ…
  3. 台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1…
  4. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  5. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  6. 内海湾の恵みビールに 真珠貝で仕込んだ「パールスタウト」発売
  7. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  8. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP