歴史・自然

史上2番目に暑い7月 8月1日は過去最高の34・8℃

芦辺観測所の7月の平均気温は26・2℃で記録が残る1977年以降、2番目(最高は94年の27・2℃)に高かった。8月に入ってからも2日午後3時6分に観測史上最高となる34・8度を観測。5日にも2番目に高い34・6℃を記録するなど厳しい暑さが続いている。
市消防本部によると、5月から7月末までの熱中症による救急搬送は17件(前年同期比1件減)で、そのうち75歳以上は7人だった。
近年では令和2年度22件(うち75歳以上11人)、3年度18件(同10人)、4年度28件(同11人)で、いずれも重症者はなかった。
同消防本部によると、日中に屋外で活動して熱中症になる場合に加え、活動後の夜間に体調を崩して通報するケースもあるという。高齢になると、感覚機能の低下により暑さを感じにくくなるとされ、同本部は「頭痛や吐き気などの症状が出た時には、既に熱中症が進行している可能性が高い。日中の屋外活動を避けたり、時間を区切って水分をこまめに摂取してほしい」としている。

関連記事

  1. 黒崎砲台解体の写真など 原の辻ガイダンスで展示
  2. 豊作願いアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  3. 美しい海を目指して 壱岐高生徒がアイデアコンで発表
  4. 地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター
  5. 半城湾の陸上いけすにサンゴ 未解明の産卵示す裏付けか
  6. ホタルが乱舞 今年も見頃早めか
  7. 市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる
  8. 「エンヤーマイト」 八幡浦で盆行事カズラ曳き

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP