地域情報

4年ぶりに郷ノ浦祇園山笠 佐賀里の石段に大きな歓声

286年の伝統を誇る郷ノ浦祇園山笠(同振興会主催)が7月30日、コロナ禍による中止を経て4年ぶりに開催された。
最高気温33・5℃の厳しい暑さの中、「一番・下山流」「二番・塞流」「三番・新道流」「四番・本町流」「盈科小・一、二流」「郷ノ浦中・一流」が午前9時30分に塞神社を出発。亀川稲荷神社、金比羅神社、八坂神社を参拝し、11時過ぎに郷ノ浦郵便局前で、各流が山笠をぶつけ合って威勢の良さを競い、力水を浴びながら競演した。午後からは佐賀里の石段69段を「よーかいた、よーかいた」の掛け声で山笠を担ぎ上げた。
郷ノ浦祇園山笠の由来は郷ノ浦でまん延した疫病を鎮めるため山笠を奉納したのが始まりで、郵便局前や佐賀里の石段周辺には多くの市民が見物に訪れ、コロナ禍の完全な収束を願って、舁き手に声援を送っていた。

関連記事

  1. テレワークセンターがオープン。原の辻遺跡前に5社がサテライトオフ…
  2. 1年2組、2年3組が優勝。校内百人一首大会
  3. 67年の歴史に幕。コロナで打撃、あまごころ壱場が閉店。養殖場は継…
  4. 空路存続の機運高める。離島航空路線活性化シンポジウム
  5. いけすの部品?。実はネコザメの卵。
  6. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  7. 空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要…
  8. 販売は計画比107% 第50回JA通常総代会

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP