政治・経済

平均価格さらに6万5千円減 壱岐家畜市場8月子牛市

JA壱岐市の定期8月市場が1、2日、壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は51万797円(牝42万9107円、去勢57万2009円)で、前回の6月市場と比べて約6万5千円(88・73%)の大幅下落となった。前回市場も約5万1千円下落しており、この2回の市場で計約11万6千円も下落したことになる。平均価格が51万円台になったのは、51万5374円だった2014年2月以来、9年ぶり。取引成立頭数は649頭で前回から26頭増。販売総額は約3億3150万円で、前回から約2千7百万円の減少となった。
子牛価格の下落は全国的に深刻な問題となっている。コロナ禍の外食産業への影響による価格低下は、国のGoToトラベルなどの施策により解消されつつあったが、その価格が戻り切らないうちにロシアによるウクライナ侵攻で飼料価格が高騰が押し寄せた。黒毛和牛のメッカ・宮崎県でも、JA宮崎中央家畜市場での取引価格が6月は55万2千円とコロナ禍よりもさらに下落しており「繁殖農家の損益分岐点は約60万円なので、非常に厳しい数字」とJA宮崎中央畜産部が分析していた。
県内でも平戸口中央家畜市場の5月市場は約51万8千円、6月は約54万1千円と55万円を下回る数字が続いており、県は4日、肉用子牛価格下落等緊急対策会議を開き、JA長崎県中央会、県畜産協会など関係団体とともに畜産経営に対する支援措置などに関して意見交換を行い、県下各振興局に各種支援措置の相談窓口を設置することなどを決めた。

関連記事

  1. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…
  2. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…
  3. 九州郵船が創立百周年祝賀会 白川市長ら300人が出席
  4. 農事組合法人勝本に 知事賞 ながさき農林業大賞
  5. 天然サザエでクラムチャウダー 若宮水産が品評会ダブル受賞
  6. 一般会計当初予算238億6500万円 市長選控え骨格予算で1・3…
  7. 小金丸議員が2度目の議長就任 赤木議員は2年ぶりに副議長 議長選…
  8. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP