地域情報

「はこざきふれあいGO」運行開始 初山に続くコミュニティバス導入 イオン、郵便局、病院へ1日7便

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は2日、箱崎地区コミュニティバス運行安全祈願祭・運行出発式を箱崎八幡神社で開いた。バスは8人乗り普通乗用車(トヨタ・ノア)で、「はこざきふれあいGO」と命名。8日から毎週月~金曜に後諸津~JA北、江角~JA北の2路線で1日7便を運行する。料金は70歳以上100円、70歳未満200円。コミュニティバス運行は、2020年3月の同協議会設立当初からの目標で、3年越しにようやく実現した。本市でのコミュニティバス運行は、21年11月から初山地区で1日8便を運行している「初山オレンジバス」に続いて2か所目となる。

関連記事

  1. かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も
  2. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催
  3. 西鉄薬院駅に大型広告 猿岩大きくPR
  4. しまとく通貨完売間近
  5. 住民説明会26日から実施 市庁舎建設で意見聴取 菊森会長出席
  6. プレミアム商品券。3日から販売開始。
  7. 10周年記念収穫祭に250人 柳田地域連携プロジェクト
  8. 消費者庁長官賞を受賞。「食べてほしーる。」。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP