スポーツ

ダーツで健康に 広島県立大研究者ら実証実験

スポーツダーツの交流会が21日、壱岐の島ホールであり、市民約20人が参加。広島県熊野町の町民とオンラインで映像など繋ぎ対戦した。
広島大と県立広島大の研究者らは、スポーツダーツを介護予防に繋げる研究に取り組んでいる。本市内の理学療法士、西口亜沙美さんが広島県立保健福祉短期大(現県立広島大)卒だった縁で、昨年3月から本市で実証実験が行われてきた。
芦辺町の江角公民館と郷ノ浦町の中尾公民館にダーツ台を設置して、両公民館員に自由に遊んでもらい、定期的に記憶力などの認知機能や身体機能を測定し効果を検証。県立広島大保健福祉学部の飯田忠行教授によると実験開始から3か月で軽度認知障害の人の3分の2が改善し、半年後には残りの半数も改善していた。また、身体のバランス機能は顕著に改善されていた。
交流会では熊野町と映像を繋ぎ、約2時間の対戦を楽しんだ。
飯田教授によると、ダーツは距離を目で測りダーツを的に当てる空間認知能力を鍛えることができるスポーツで、天候に関係なく誰でも楽しめ、特に高齢者には介護予防に効果的という。
交流会に参加した郷ノ浦町の津元礼子さん(73)は「(スコアを)計算することで、日頃の頭の回転も速くなった。皆と楽しく交流できて良い。続けていきたい」と話した。
実証実験は今月で終わるが、ダーツ台2台は引き続き本市に設置が検討されており、健康増進に役立てられることになっている。

関連記事

  1. 原の辻で炬火採火式 大型マイギリで火を起こす 長崎がんば らんば…
  2. 県中学総体 主な成績
  3. 夢はなでしこジャパン 山尾彩香さん(芦辺小)が県代表入り 壱岐少…
  4. 中村知事“一回り”見て判断 県病院企業団への加入時期 市長要望に…
  5. 県中学選抜に本市から初選出 4人がベスト4入りに貢献
  6. SG制覇へ向け地元壮行会 ボートレース・下條雄太郎
  7. 対馬から9人参加 市バドミントン大会
  8. 壱岐高放送部が全国大会出場。22日からNHK杯コンテスト。

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP