地域情報

上空30㍍から吊り上げ 防災ヘリで救助訓練

ヘリ訓練(大谷公園上空で行われた訓練)

県防災航空隊と壱岐市消防本部の合同救助訓練が5日、大谷公園グラウンドで実施された。
昨年導入された防災航空隊のヘリコプター「ながさき」(ユーロコプター式AS365N3型ドーファン)を、グラウンド内で消防署員や住民に展示。800馬力のエンジン2機で高度4千㍍まで上昇、1150㍑の燃料で3~4時間の飛行が可能なことや、海での活動が多い長崎県のためにエマージェンシー・フロート(不時着水時の浮き輪)が装備されていることなどが説明された。
展示後は深見義輝市議会議員らが搭乗して上空偵察、上空30㍍から事故者を吊り上げる訓練などが実施された。訓練を担当した防災航空隊員の中には、市消防本部から派遣されている重村洋介さん(33)の姿もあった。重村さんは昨年4月から航空隊で実習を行っており「これまで50件ほどの出動を経験。患者を長崎から大阪市内の病院まで搬送したこともあった。緊張することはいまでも多いが、誰もができる経験ではないので、しっかりと勉強を続けたい」と意欲的に訓練に取り組み、消防本部署員らにアドバイスを送っていた。

ヘリ訓練(署員に説明する重野さん(中央))

 

関連記事

  1. 仮装パレードに笑い 勝本港まつり
  2. 乾隆通宝など通貨が出土 白沙八幡参道で発掘調査 壱岐高の生徒
  3. 盆期間に盛りだくさんのイベント。海上レインジャー大会復活。
  4. 市中体連陸上競技男子写真
  5. アジャ・コングら熱戦。「元気プロレス」。
  6. 市内で作品展示。長崎しまの芸術祭
  7. 団長に松山颯大さん 交通少年団入団式
  8. アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ド…

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP