文化・芸術

大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典

 勝本町の花火大会「壱岐の島夜空の祭典」(同実行委員主催)が13日にあり、約1600発の花火が夜空を飾った。
新型コロナの影響による行動制限が緩和され、3年ぶりに開催された昨年は出店などが自粛されたが、今年はコロナ禍以前の形式に戻り出店も軒を連ね、勝本地区公民館前は浴衣姿の若者らで賑いを見せた。
同大会の花火は湾内で打ち上げられ観客の間近で開く迫力が魅力となっており、今年もプログラムのフィナーレでは、次々と上がった大輪の花火が夜空を埋め、観衆から拍手が起こっていた。

関連記事

  1. 壱岐高写真部が作品展示 郷ノ浦港、島の写真展
  2. 壱岐大大神楽勇壮に 住吉神社で奉納
  3. 約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納
  4. 郷ノ浦・法輪寺で消防訓練 本堂から文化財を運び出す
  5. 子ども県展で野川大輝さんが知事賞 本市から6人が特別賞に入賞
  6. 海洋ゴミからイキサウルス 造形アーティストの石田さん
  7. 牧山空未さん(盈科5年)が最優秀賞 県まちづくりの絵コンクール
  8. 工事風景力作ずらり 土木の日で県建協壱岐支部

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP