行事・イベント

トルコ地震に募金活動 壱岐ライオンズクラブ

壱岐ライオンズクラブ(境淳二会長)は12日、トルコ南部を震源地として2月6日に発生した大地震により被災した人たちを支援するため、芦辺・イオン壱岐店前で募金活動を行った。
ライオンズクラブ337‐A地区(二場安之地区ガバナー)が福岡県内、壱岐、対馬で一斉に行った活動の一環で、壱岐では17人の会員が参加し、5時間にわたり募金活動を実施。買い物客や野球大会帰りの子どもたちなどが募金を行った。
末永孝好地区国際関係委員長は「トルコ地震では5万人以上の方が亡くなり、32万人以上の方が被災されている。いまだ余震などの影響で避難を余儀なくされている方が日々増え続けており、被災者への支援は急務と言える。おかげさまで多数の金額が集まり、皆様の温かい募金に心から感謝している。全額をライオンズクラブ国際協会を通じて、トルコライオンズクラブに送金させていただく」と話した。

関連記事

  1. 宮中献穀献納米の清祓神事 牧永田長「100%に近い出来」
  2. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ
  3. 保護前と後の表情見て 犬猫保護団体が写真展
  4. 正月あそびに親子連れ 原の辻ガイダンス
  5. 日韓の45人が親交深める 朝鮮通信使友情ウォーク
  6. 博物館屋上から太鼓の音が響く 第10回壱州祭ステージ部門
  7. お田植祭で豊作祈る 宮中献穀事業
  8. 優勝は77㌢春日市の田原さん 第5回タイラバ大会

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP