地域情報

昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭

 原の辻ガイダンスの「古代米づくり体験 秋の収穫祭」が11月19日に開かれ、親子連れなど約150人が参加した。参加費は100円の予定だったが、悪天候が予想されたため無料となった。
参加者は同施設に展示している昔の農機具での脱穀体験や、土器の破片から完成品を組み立てる「土器パズル」、ダイコンで弾を作った豆鉄砲をワラのイノシシにを当てる「まめでっぽう体験」、投てき、投壺などにチャレンジした。
歯に稲穂を引っかけて人力での稲こぎに挑戦した本山結唯さん(盈科小1年)は「稲を引っ張るのは力が必要で難しかったけれど、ちゃんと脱穀できたので楽しかった。またやってみたい」と笑顔を見せた。
例年は圃場で収穫された古代米や野菜を使った料理が振舞われていたが、コロナ禍を配慮して古代米のちらし寿司と餅を持ち帰り用として配布した。

関連記事

  1. 原の辻で炬火採火式 大型マイギリで火を起こす 長崎がんば らんば…
  2. 「感染拡大の可能性は低い」。立ち寄り先はすべて消毒完了。
  3. 新庁舎は大谷公園に建設 白川市長が候補地を明言 議会庁舎建設 特…
  4. 酒類鑑評会「初代嘉助」が金賞。創業120周年 壱岐の華。
  5. 壱岐拠点を郷ノ浦に開設 ベンチャー企業AHGS
  6. 専門学校で開校式。留学生も入学予定。
  7. 中学生が質問・提言 市子ども議会
  8. 石田スポセンで30人が合宿。男子バドミントンチーム。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP