地域情報

壱岐高放送部が最優秀賞。県献血推進CMコンテスト。

県は15日、本年度県献血推進CMコンテスト入賞作品を発表。部門B(音声作品)最優秀賞を壱岐高校放送部の「生命線」が受賞した。コンテストには部門A(動画作品)に4校5点、部門Bに5校5点の応募があり、部門Aの最優秀賞は諫早商業高校放送部の「16歳からできるボランティア」だった。
最優秀賞受賞作品などは令和3年度献血推進啓発活動に活用される。

関連記事

  1. 中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇…
  2. 長崎版画を体験 歴文移動博物館
  3. インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki…
  4. 石路遺跡の牛骨は9~10世紀。年代測定で想定200年遡る。島内最…
  5. 武原由里子さんが講演 父母と教職員の会
  6. 玄海原発再稼動に反対決議。市議会が全会一致で可決。3号機は23日…
  7. 1.5~3.5万円増額を答申。市三役報酬改定は上程せず。壱岐市特…
  8. 柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP