地域情報

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。

NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)が主催。今年は新型コロナ感染症の蔓延防止のため「お田植祭」のイベントは開催せず、5月の田植えは関係者で41㌃に赤、黒、緑米を植えていた。

祭りでは、参加者の密を避けるため、屋外で壱岐神楽の豊年の舞を奉納。自然農法のためのアイガモの放鳥が行われ、参加した子どもたちはアイガモと触れ合い、優しく田んぼに放した。

アイガモを話した渡良小4年の西未優架さん(9)は以前から友だちと図鑑でアイガモ農法について調べていたが、触れるのは今回が初めて。「ふわふわしていました。田んぼでゆっくり泳いで、大きくなってほしい」と話した。

10月23日に刈り入れ祭が開かれる予定。

関連記事

  1. 玄海酒造が36位 焼酎・泡盛売り上げ
  2. 長嶋立身会長が再任 観光連盟総会が非公開で開催
  3. 壱岐市マグロ資源を考える会・中村稔会長がクローズアップ現代出演
  4. 庁舎建設中止でも責任追及沸騰 市議会報告会
  5. 「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。
  6. 遼東系銅釧(腕輪)、原の辻で国内初出土。
  7. 県商工会青年部連合会・新会長に山川忠久さん
  8. 「弟」 勝本中学校3年 中原 杏

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP