地域情報

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。

NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)が主催。今年は新型コロナ感染症の蔓延防止のため「お田植祭」のイベントは開催せず、5月の田植えは関係者で41㌃に赤、黒、緑米を植えていた。

祭りでは、参加者の密を避けるため、屋外で壱岐神楽の豊年の舞を奉納。自然農法のためのアイガモの放鳥が行われ、参加した子どもたちはアイガモと触れ合い、優しく田んぼに放した。

アイガモを話した渡良小4年の西未優架さん(9)は以前から友だちと図鑑でアイガモ農法について調べていたが、触れるのは今回が初めて。「ふわふわしていました。田んぼでゆっくり泳いで、大きくなってほしい」と話した。

10月23日に刈り入れ祭が開かれる予定。

関連記事

  1. 壱岐産米でおもてなし こぎ出せミーティング
  2. ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告…
  3. 栽培漁業に新たな可能性
  4. 第2期生23人が巣立つ。こころ医療壱岐校卒業式。
  5. ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。
  6. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック
  7. 40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団
  8. 一対の河童石像が完成 湯本・伏見稲荷神社

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP