政治・経済

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初となるインフルエンザ感染者1人が島内で確認された。昨シーズンは島内での感染者はゼロだったが、全国的に昨シーズンは流行が起こっておらずインフルエンザ抗体を持たない人が多数となっているため「今季は大流行の恐れもある」と指摘する専門家もいる。その後、18日までに新たなインフル感染者は市内で確認されていないが、発熱やせきなどの症状からインフルとコロナの区別は難しく、罹患者や家族、医療機関の混乱も懸念される。

関連記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 燃油調整金が一気に2.7倍へ 博多片道高速船1440円加算 8~…
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  4. 賛成多数で可決 認定こども園補助金
  5. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  6. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  7. 内海湾の恵みビールに 真珠貝で仕込んだ「パールスタウト」発売
  8. 「市政に心血を注ぎ責任果たす」 白川市長が辞職を否定

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP