政治・経済

新型機到着、7月から運航開始へ ORC導入のATR42‐600型機 2号機は 5月到着

オリエンタルエアブリッジ(ORC)は12月21日、フランスのリージョナル航空(小都市間の小型旅客機による航空輸送)最大手のATR社から12月15日に受領したATR42‐600型機(48席)の初号機「JA10RC」が長崎空港に到着したと発表した。現在使用しているボンバルディアDHC8‐Q200型機(39席)は導入後20年が経過し、設計寿命を迎えることから、次期長崎離島路線用の更新機材となる。今後は乗務員の訓練などに使用し、7月を目途に運行開始を予定している。2号機は5月の受領を予定しており、長崎‐壱岐路線などは2025年度からATR2機体制での運航となる。

関連記事

  1. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  2. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  3. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  4. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  5. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  6. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会
  7. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  8. 西村明宏環境大臣が本市来訪 白川市長らと脱炭素の意見交換 フグ養…

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP