政治・経済

新型機到着、7月から運航開始へ ORC導入のATR42‐600型機 2号機は 5月到着

オリエンタルエアブリッジ(ORC)は12月21日、フランスのリージョナル航空(小都市間の小型旅客機による航空輸送)最大手のATR社から12月15日に受領したATR42‐600型機(48席)の初号機「JA10RC」が長崎空港に到着したと発表した。現在使用しているボンバルディアDHC8‐Q200型機(39席)は導入後20年が経過し、設計寿命を迎えることから、次期長崎離島路線用の更新機材となる。今後は乗務員の訓練などに使用し、7月を目途に運行開始を予定している。2号機は5月の受領を予定しており、長崎‐壱岐路線などは2025年度からATR2機体制での運航となる。

関連記事

  1. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ
  2. 小金丸議員が2度目の議長就任 赤木議員は2年ぶりに副議長 議長選…
  3. 国際認証B Corp取得 芦辺町の㈱Colere
  4. 大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢…
  5. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」
  6. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  7. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル
  8. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP